• 窓口業務の効率化

  • サービス品質の向上

  • 厳格な真贋判定

  • コンパクト設計

PASiD scan/パシッド スキャン概要

瞬時に本人確認、即座に帳票作成。
スピーディーで確実な業務遂行を支援する
本人確認業務サポートシステム

金融機関や自治体の窓口において特に負担の大きい業務である、本人確認記録の作成と保存。「PASiD scan」なら、運転免許証やマイナンバーカードなどのカード型本人確認書類の厳格な真贋判定を行えるだけでなく、それと同時に両面をその場でスキャンし、確認記録も残せるため、コピーをする手間が省けます。券面情報を活用することで、書類作成の負担を軽減することが可能です。

パシッド スキャンイメージ図。コンパクト設計

パシッド スキャンイメージ図。コンパクト設計

「PASiD scan」

ソリューション紹介動画

PASiD scan/パシッド スキャン詳細

貴社はこのような課題を
抱えていませんか?

  • 本人確認記録の書類作成が煩雑で業務効率が悪い

  • 窓口で顧客や利用者を待たせてしまっている

  • 本人確認書類の不正や確認漏れを防ぎたい

その課題、
PASiD scan
解決します!

特長

両面を同時スキャンし、データを瞬時に取得できる

業務上必要な本人確認の際に各種本人確認書類を真贋判定し、さまざまなデータを瞬時に読み取ります。
本来の業務を滞らせることなく、スピーディーで確実な業務遂行を支援します。

【対応するカード】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 通知カード
  • 運転経歴証明書
例:運転免許証の真贋判定時パソコン画面の画像

例:運転免許証の真贋判定時パソコン画面の画像

主な機能

スキャン

一度の挿入で確実に両面を同時スキャン。業務を滞らせることなくスピーディーに実行します。

真贋判定

独自のアルゴリズムによる高精度な真贋判定を実現。(運転免許証は暗証番号なしでも判定可能)
運転免許証などのICチップカードのデータを読み込みます。(暗証番号・照合番号などの入力が必要)

テキスト化

OCR機能やICチップデータ読取機能により券面情報を項目ごとにテキスト化します。

帳票作成

各種本人確認書類から抽出したデータを使い、帳票作成できます。
記録票や申請書などの帳票テンプレートは自由に作成が可能です。

データ出力

表計算ソフトなど、さまざまなソフトで表示できる応用度の高いCSV形式で出力します。

仕様

寸法・重量
幅125mm×奥行145mm×高さ55mm
重量:約510g
定格電源
AC100V 50Hz/60Hz(ACアダプター使用) 最大4W
対応OS
Windows 7 / 8.1 / 10
  • ※仕様は予告なく変更することがあります。

「PASiD scan」の真贋判定には株式会社松村エンジニアリングの高精度真贋鑑定/識別技術※を採用。

  • ※高精度偽札鑑別技術を各種証明カードの真贋判定に応用しています。

関連ソリューション

事例紹介

貴社の課題解決は
私たちにお任せください

貴社の課題解決は
私たちにお任せください