お問い合わせ

POSTEX® / ポステックス

ポステックス

はがきの郵便料金で通常のはがきの2~3倍の情報を送ることができる親展性のある圧着はがき

イメージ画像

耐水POSTEX

梅雨・秋雨・降雪対策の決定版

圧着はがきの課題

こんなことでお困りではないですか?

  • 梅雨時の雨や、近年の大雪で通知物がぬれて破れるという問題に困っている
  • 水ぬれ破損による再発行処理に手間がかかっている
  • 水ぬれ破損が原因による支払い遅延など事務処理に影響が出ている

 
トッパンフォームズの「耐水POSTEX」が解決します!

耐水POSTEXの特長

耐水POSTEXは、水にぬれた状態でも、その後乾かした後でも開封できるため、さまざまな通知物に活用できます。
タイミングを逃さずに見ていただきたいセールの案内や、請求書や督促状、契約変更届など、流通業界や自治体さま、金融業界さまをはじめとしたさまざまな業種の重要通知物にご活用いただいています。


例えば、雨にぬれた郵便物も
雨にぬれる郵便物イメージ

普通の圧着はがきだと、
破れ、文字の転写などで情報が読めない!
普通の圧着はがきイメージ

耐水POSTEXなら、
ぬれていても、乾いた後も破れずきれいに情報が読める

お客さまに大切な情報を確実にお届け!


耐水特性

  • 水にぬれた状態のまま開封可能です
  • 24時間の水没後でも破れません
  • 乾燥した後も開封可能を維持します※
  • ※普通の紙は水にぬれると繊維結合力が低下し、そのまま乾燥しても、破れやすいままになってしまいます。


製品ラインアップ

耐水製品は「耐水POSTEX」、「耐水POSTEX-i」の2種類ございます。

耐水POSTEX

耐水POSTEX-i

発行業務を受託いたします。
弊社から印刷物を納品し、お客さまのプリンターで印字、シーラーで圧着、局出しも可能です。

発行業務を受託いたします。
フルカラープリンター出力しますので、パーソナライズ化に対応しています。


採用事例

計算センター A社さま

課題:圧着はがきで送付している通知物が水ぬれで破れてしまう
A社では自治体からの委託で高品質な通知物を提供しています。さまざまな通知物を圧着はがきで送られていましたが、特に梅雨時になると雨にぬれて破れてしまい、再発行の依頼が増えているという問題がありました。圧着はがきは通常のはがきの2~3倍の情報量があり、圧着されたはがきを剝がして中面の情報を見ますが、水にぬれたままの状態ではがきを剝がすと破れてしまい、中身が読めなくなってしまいます。A社では大事な情報を送付してもお客さまに見ていただけず、受け取られたお客さまは開いたときに破れてしまって見れないため、A社に再発行の申請をしなくてはなりません。A社では申請があるたびに再発行をしており、そのための手間と時間がかかっていました。


施策:トッパンフォームズからの紹介で、耐水POSTEXに切り替え
弊社営業がお客さま訪問した際にこの問題を聞き、水にぬれても破れない高い耐水性のある圧着はがきをご紹介しました。次の訪問時に実際に通常の圧着はがきと耐水圧着はがきの両方を水に濡らして開いて比較し、耐水圧着はがきがスムーズに開けられることを見ていただき、テストを経て採用いただきました。用紙の切り替えのみで対応できるので、業務への負荷が少なかったのもポイントです。


成果:水ぬれによる破損が減ったことで現場負荷が解消され、自治体から高い評価を得た
耐水POSTEXの効果を実感したA社では、全ての圧着はがきを耐水タイプに切り替えることで、コスト削減に加え、昨今の人手不足の中で対応していた再発行業務を減らすことができ、働き方改革の取り組みにもつながり大変喜ばれています。委託元である自治体からも高い評価を得ることができました。

お問い合わせ

CONTACT

ソリューションについてのご意見・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ