• セキュリティと運用体制

  • 多様な帳票を一括管理

  • トータルアウトソース

  • 紙と電子のハイブリッド運用

  • 全社業務の全体最適化

デジタルハイブリッド帳票ソリューション概要

帳票管理の「企画」から「運用」まで、
トータルアウトソーシングできる帳票管理システム

トッパンフォームズでは、全社業務の大規模データプリント、全体最適に向けた文書・帳票運用管理の電子化に応える一括アウトソーシングサービス「デジタルハイブリッド帳票ソリューション」を提供しています。
これまで培ってきたデータ・プリント・サービス(DPS)によるアウトソーシングの実績を活かし、帳票に関する「生成・廃棄」「配信」「電子化/原本保管」等の業務サイクルにおける課題に対し、コンサルティングサービスやツール、電子化サービスなどのBPOソリューション群により解決します。

帳票ライフサイクル図

帳票ライフサイクル図

社内全体の帳票を最適化するトータルソリューション

さまざまな業務に紐付く帳票運用を内製だけにこだわる必要はありません。デジタルハイブリッド帳票ソリューションでは、現行の業務システムから分散する多様な帳票運用を一括して対応します。待ったなしの経営課題を解消するために、内製されている今の帳票運用管理の実態を一度分析してみませんか?

全体最適化イメージ

全体最適化イメージ

帳票ライフサイクルに基づくトータルサービス

1 帳票デザイン管理コンサルティングサービス

文書・帳票の発生段階で、既存の重複している帳票の統廃合や、社内の誰もが使いやすく精度の高い帳票の設計をご提案します。前段階から効率化を図ることで、その後に続く文書・帳票管理運用システムの効率化を実現します。

2 帳票データ処理大量印刷サービス

紙ベースで運用する文書・帳票をデータ化し、全国各地にあるトッパンフォームズの印刷工場で出力して封緘し、納入するサービスです。大量に発生する文書・帳票の印刷作業を社内で行う必要はありません。

3 帳票マルチ配信閲覧サービス

近年は、電子化での運用が促進されています。入力した文書・帳票をデータベース化してネットワーク配信することで、電子媒体による閲覧が可能になり、運用にかかる労力を軽減します。従来の紙ベースによる運用、紙ベースと電子化を組み合わせた運用も、社内事情に合わせてお選びいただけます。

4 帳票保管BCPサービス

電子化による保管へのニーズの高まりを受けて、文書・帳票を電子配信した後に保管するサービスを提供しております。紙に印刷したものも電子化して保管することが可能です。保管までのコスト削減や検索性能の向上、リスクマネジメントの強化などが期待できます。

帳票運用管理トータルアウトソーシングサービス紹介動画

関連ソリューション 

デジタルハイブリッド帳票ソリューション詳細

貴社はこのような課題を
抱えていませんか?

  • 帳票管理システムを見直し、全社業務の最適化を図りたいが何から手をつけていいのかわからない

  • ビジネスモデルやワークスタイルの変革への対応が追い付いていない

  • オープン環境、クラウド環境の活用ができていない

その課題、
デジタルハイブリッド帳票ソリューション
解決します!

経営効率と業務効率の向上

経営と業務の効率化をもたらします

従来より、企業システム全体の再構築において、帳票システム開発の比重は決して小さくはありませんでした。業務の足回りを支える帳票は、Web上の配信であれ印刷であれ、これまでの業務システムで運用されてきた通りの文書・帳票運用を再現することが求められます。デジタルハイブリッド帳票ソリューションは、帳票ライフサイクルに基づき社内全体の最適化を図ることで、業務の効率化をもたらします。

変化に対応した運用

ビジネススピードと変化に対応した運用を可能にします

業務システムが多様化し、企業全体のシステム統合管理や標準化を課題に感じる企業も多いことでしょう。事業や業務に紐付く帳票システムもまた、多様化によって、業務の円滑化や一元化、管理の難しさに留意する必要が生じています。デジタルハイブリッド帳票ソリューションは、事業・部門を超えて全社業務を最適化。事業・業務・部門間での情報共有が容易になり、スピード感のある企業運営が可能になります。

事業の収益性向上

中核事業や新規事業の収益性の向上に貢献します

さまざまな帳票システムにおいて、上位システムの刷新やカスタマイズ開発とともに、帳票ツールのバージョンアップや帳票サーバーのリブレイスにかかるコストは都度肥大化します。本来ならばコスト削減と効率化を期待される分野ではないでしょうか。設計から電子化までのBPOであるデジタルハイブリッド帳票ソリューションは、帳票運用にかかるコストを減らすことができます。今まで帳票運用に取られていた時間・人材を中核・新規事業に振り向けることができれば、売上の拡大・営業効率の向上が期待できます。

オープン環境・クラウド環境の活用

オープン環境やクラウド環境の活用で、最適化を実現します

  • 一部クラウドサービス利用による帳票運用がありますが、これまで基幹業務をはじめとする中核事業の帳票運用に関するアウトソーシングサービスはありませんでした。複数のクラウドサービスの統合・運用管理のできるデジタルハイブリッド帳票ソリューションは、企業全体の活動とオープン環境・クラウド環境で密接につながり、全体最適化を実現します。

  • 全体最適化イメージ

    全体最適化イメージ

カタログ

貴社の課題解決は
私たちにお任せください

貴社の課題解決は
私たちにお任せください