お問い合わせ

ミライスピーカー®

音のバリアフリーを実現するスピーカー

イメージ画像

概要

ミライスピーカーとは

日本人の約9人に1人は「聴こえ」について不安を感じていると言われています。(一般社団法人 日本補聴器工業会 調査)
これから高齢化社会へと変化するなかで「聴こえる」をもっとみんなのものにするために、株式会社サウンドファンが開発した商品です。

「聴こえる」をもっとみんなのものに

「ミライスピーカー」は、多くの人の「聴こえ」をサポートするスピーカーとしてさまざまなシーンで利用されています。音のバリアフリー空間を創ることで「障害者差別解消法※」へ対応することはもちろん、実際に「聴こえづらい」ことで困っている方へのサービス向上へつながり、誰にとっても心地よい社会へと変えていくための第一歩にもなると考えます。
※障害者差別解消法とは、2016年4月1日に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」です。
差別解消の措置として「障害除去の実施に伴う負担が過重でない場合、必要かつ合理的な配慮がされなければならない」という国・地方公共団体等の法的義務・民間事業者の努力義務が課せられることになりました。

凸版印刷株式会社と株式会社サウンドファンが音のバリアフリー化で提携しました。(2017年10月26日資本業務提携)
本提携に基づき、トッパンフォームズは、トッパングループの一員として、ストレスのない街づくりの実現に向けた事業を推進していきます。

実現できること

【こんな「聴こえ」のお悩みありませんか?】

  • セミナーの参加者から「よく聞こえない、ハッキリ話してくれ」と言われてしまった。
  • 呼び出しアナウンスに気づかなかったお客さまから「いつまで待たせるんだ」とお叱りをいただいてしまった。
  • <高齢者が集まる施設で、耳の遠い方に合わせテレビの音量設定が大きく、聴こえる方々とトラブルになってしまった。
  • 会場全体に聞こえる音量にしていたら、スピーカーの近くにいる参加者から「うるさい!」と言われてしまった。

【耳の遠い方へ】
世界初の特許技術による「曲面サウンド」のエネルギーのある音により「聴こえ」を届けます。

【どこでも、すべての方へ】
大きくない音で、近くではうるさくなく、広く遠くまでハッキリとクリアに聴こえる音を届けます。さらにマイクの音割れや「キーン!」というハウリングも少ない快適な音環境を提供できます。

ミライスピーカーで快適な「音のバリアフリー」環境が実現できます

ミライスピーカー × 公共施設

  • 役所などの広い待ち合いでの呼び出しをスムーズに
  • 病院や介護施設などの共有空間で「聴こえ」をサポート
  • 学校などでの講演やイベントで「聴こえる」喜びを

ミライスピーカー × 企業

  • 店頭でのお客さまの呼び出しをサポート
  • 会議やセミナーでも「聴こえる」満足と安心を
  • 空港や駅など多くの人が集まる空間でもクリアな音を遠くまで

ミライスピーカー × 家族

  • テレビや映画を“家族みんなで”楽しめる
  • お気に入りのオーディオで“蘇る音の記憶”
  • くらしの中の「聴こえ」を快適に

お問い合わせ

CONTACT

ソリューションについてのご意見・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ