• 防災

  • 社会貢献になる

  • 食品ロスを防げる

  • ノベルティーになる

救缶鳥概要

非常時への備えが、
国際的な社会貢献へとつながる。
防災用パンの缶詰

企業活動の重要な拠点であるオフィスで、従業員が安心・安全に働けることは事業の継続性の上で非常に重要なことです。企業は貴重な人命を守るため、そして、地域社会の一員として、防災意識を持つことが必要になっています。
この缶詰のパン「救缶鳥」は、企業防災にぴったりな非常用備蓄品です。「救缶鳥」を購入していただくと、次回購入分の納品時に、使用しなかった「救缶鳥」を引き取り、NGOなどを通して世界の飢餓に苦しむ人々へ届けます。非常食を備えるとともに、世界の飢餓救済の活動へも参加でき、食品ロスも防げるという商品です。

更新時期が来たらトッパンフォームズからご連絡。回収後の手配もおまかせください。

更新時期が来たらトッパンフォームズからご連絡。回収後の手配もおまかせください。

救缶鳥詳細

貴社はこのような課題を
抱えていませんか?

  • 非常時に備える必要はあるが、何を備蓄しておいていいか分からない

  • 非常食の期限管理が煩わしい

  • 防災用とはいえ、食品ロスを減らしたい

その課題、
救缶鳥
解決します!

開発のきっかけ

栃木県那須塩原市に本社を構えるパン屋「パン・アキモト」。1995年に起きた阪神・淡路大震災の際、被災者支援のためにパンを焼いて送ることにしたものの、防腐剤不使用のパンは数日たつと劣化し、約3割ものパンが廃棄されてしまいました。被災地で必要とされたのは、乾パンのように保存がきいてかつ柔らかいパンでした。開店当時から、安心・安全でおいしいパンを提供し続けてきた「パン・アキモト」が、被災地の人たちにもおいしくて保存性の高いパンを届けたいと考え、試行錯誤の末に完成したのが、このパンの缶詰です。そして、非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できるプロジェクトとして「救缶鳥」プロジェクトが生まれました。

特長

  • 救缶鳥商品画像

    救缶鳥商品画像

    通常のパンの缶詰と比べて2倍の大きさ

    通常のパンの缶詰1個が100gであるのに対して、「救缶鳥」は1個 200gです。

    柔らかい食感

    普段食べているパンに近い柔らかい食感のため、食べやすくておいしい非常食です。

    世界初のパンの缶詰

    防腐剤を使わない製法で、健康に配慮した安心できる非常食です。

    特殊製法

    独自の特殊製法により缶とパン生地を同時に焼き上げることで、3年もの長期にわたり、柔らかくておいしい状態で保存できます。

義援物資として

一般的な非常食とは違い、世界の飢餓を救う義援活動に参加できます。

  • メッセージ入救缶鳥イメージ画像

    メッセージ入救缶鳥イメージ画像

    ポイント1

    「救缶鳥」には、義援先の人々へ向けてメッセージを書き込むことができます。教育機関さまであれば、グローバル教育の一環に。企業さまや自治体さまであれば、国際貢献のアピールにもつながります。

  • 感謝状

    感謝状

    ポイント2

    感謝状をいただくこともできます。義援先の国々では、パンを食べ終わった「救缶鳥」の空き缶は食器としても再利用されることがあり、喜ばれているようです。

  • ポイント3

    義援先の国々のほとんどが、内戦・紛争などが原因で治安が悪く、現地に届くまでに時間がかかるため、賞味期限が切れる前に回収します。6カ月前に回収される仕組みのため、期限管理をする必要がなく、また、食品ロスを防ぐことができるというメリットがあります。

商品詳細

  • 15缶セット

    15缶セット

    15缶セット

    賞味期限 製造月より37カ月
    1缶200g(通常のパンの缶詰の2倍)
    (ブルーベリー・オレンジ・ストロベリー 各5缶)

    オプション

    オリジナルラベルも作れるため、イベントなどのノベルティーとしてもご活用いただけます。

事例紹介

貴社の課題解決は
私たちにお任せください

貴社の課題解決は
私たちにお任せください