AmiVoice®️ ScribeAssist/アミボイス スクライブアシスト概要

録音から文字起こしまでをワンストップで実現
インターネット未接続でも
使用可能なスタンドアローン型システム

トッパンフォームズが提供する「AmiVoice ScribeAssist」は、会議や商談、会見など、対面から非対面まで幅広いシーンで利用できる文字起こし支援アプリケーションです。
「一言一句」の文字起こしを、音声情報をもとにリアルタイムで重要事項をチェックしながら記録を残すことができます。
Web会議や要約など、さまざまなシーンでの効率化を支援し、文字起こしを行う議事録の担当者も会議での話し合いに集中できるメリットもあります。
インターネット未接続の状態でも音声認識が可能なため、情報漏えいのリスクを抑え、機密情報などを扱う会議でも安心してご利用いただけます。

AmiVoice®️ ScribeAssist/アミボイス スクライブアシスト詳細

貴社はこのような課題を
抱えていませんか?

  • 記録をとることに集中しなければならず、会議に参加できない

  • ICレコーダーの再生、停止の繰り返しの議事録作成の業務負荷が大きい

  • 時間が経つと前後関係や重要部分など話した内容が曖昧になってしまう

その課題、
AmiVoice ScribeAssist
解決します!

特長

  • 利用イメージ

    各種会議やインタビューを、リアルタイムまたは音声ファイル認識でご利用可能です。
    テレワーク、会議室参加者のいるWeb会議も、マイクやWeb会議システムがあれば、専用サーバー不要でご利用いただけます。

  • リアルタイム認識・バッチ認識に対応

    リアルタイム音声認識に加え、録音データを取り込んで文字化するバッチ認識にも対応。テキスト化されたものから順次修正でき、会議進行と同時に文字起こしを行うことも可能です。

  • 各種Web会議システムから音声収録が可能

    PC内の音声を収録するため、面倒な開発や設定は不要。専用サーバーなしで各種Web会議システムと簡単に併用できます。

  • 録音から文字起こしまでをワンストップ化

    録音からテキストの編集、文字起こし内容の出力まで単一ソフトウエア内で完結。音声の再生や認識結果の修正はキーボードだけで簡単にでき、作業時間を大幅に短縮します。

  • エンジンを簡易カスタマイズできる単語登録機能

    単語を登録することで、専門用語や固有名詞も高精度に認識します。登録内容は即座に反映され、録音中でも追加・編集可能。利用シーンに合わせた単語リストの作成もできます。

機能

  • AI話者識別機能

    出席者情報をもとに発言者を選ぶことでAIが話者を学習し、自動的に識別します。
    リアルタイムでも編集時でも話者を選ぶだけで簡単に識別可能です。

  • 便利な単語登録機能

    辞書に登録されていない単語はリストごとに登録でき、シーンに合わせて任意のものを選んで使えます。
    音声認識中にリアルタイムで単語登録することも可能です。

  • テンプレート機能

    会議ごとにテンプレートを作成できます。
    定例会議など、頻度の高いものは事前に設定したテンプレートを使って効率よく記録できます。

  • テンプレート例:開発会議
    出席者  :開発部
    タグ   :議題、課題、ToDo
    キーワード:納期、改善
    単語リスト:社内用語

  • テンプレート例:インタビュー
    出席者  :Aさん、Bさん
    タグ   :テーマ1、テーマ2
    キーワード:一番、欲しい
    単語リスト:製品名、人名

  • テンプレート例:Webセミナー
    出席者  :Aさん
    タグ   :質疑応答
    キーワード:質問、疑問
    単語リスト:製品名、業界用語

  • エディットモード画面イメージ

    分かりやすく、直感的に操作できるUIです。書き起こしに特化した機能でスピーディーな編集を実現します。

  • 情報
    開始する会議の情報を設定します。
    あらかじめ設定した会議テンプレートからタイトルなどをまとめて設定することもできます。

  • キーワード
    会議における重要な単語を設定することで、発言内容欄の設定した単語をハイライト表示します。

  • タグ
    認識結果にワンクリックで「決定事項」「ToDo」などのタグを付与可能。テキスト編集中やWordファイルなどへの出力後に該当箇所を確認しやすくなります。

  • 認識結果表示エリア
    音声認識結果がリアルタイムに表示されます。
    ここでは発言内容の誤認識部分の修正などをリアルタイムにおこなうことができます。

  • 単語登録
    認識しない、しづらい単語を「表記」と「読み」をセットに音声認識辞書に登録します。
    登録した単語は即座に反映されます。

  • 未知語検出/登録
    音声認識辞書に未登録の単語を検知するとアイコンが点滅します。
    読みを入力して単語を登録することができます。

お客さまの声

  • IT・通信、医療機器・医薬品メーカー、電子機器メーカー、新聞・通信局、建設・不動産、監査法人、コンサル・シンクタンクなど、業種業態を問わずさまざまなお客さまにご利用いただいています。

  • 非鉄金属メーカー

    「音声が明瞭なほど高精度にテキスト化することができます。他社の製品と比較して、はるかに使いやすいと感じています。」

  • 食品メーカー

    「聴覚に障がいのある担当者とのWeb会議で活用しています。Scribe Assistは、PC内から直接集音するため高精度でテキスト化でき、操作画面も見やすく重宝しています。」

  • 化学メーカー

    「非常に分かりやすいUIで、初めから直感的に操作することができました。音声認識の性能も優れていて、特にリアルタイム認識の精度に驚いています。」

  • 放送局

    「リモートワーク時代の必須アプリ。声紋を記憶し、自動で発言者を振り分けてくれるのがすごい。認識率も高く、作業時間削減につながっています。」

  • ITコンサル

    「どのオンライン会議システムでも利用できるため、導入がとてもスムーズです。話者認識の精度が非常に高く、分析に活用しています。」

  • ヘルスケア

    「文字起こしの際、発話内容が短くまとめられており、編集中も聞きたい音声をすぐに再生することができるため、議事録作成に最適です。」

動作環境

CPUインテル Core™ i5プロセッサー(最大2.5GHz)以上
メモリ8GB以上
ハードディスク1GB以上の空き容量(インストール時)
※ 音声データなどの保存領域が別途必要になります
OSMicrosoft Windows 10 Pro
※ 日本語版、64ビット版(x64)のみ対応です。32ビット版(x86)には対応しておりません
※ Mac、Linuxには対応しておりません
※.NET Framework 4.6.0以降がインストールされていることおよび有効になっていること
認識可能ファイル形式・音声ファイル(mp3,wma,wav, m4a)
・動画ファイル(wmv,mp4)
※ 上記のファイル形式であっても認識できない場合があります
その他マイク入力端子・ヘッドホン端子(またはUSBポート)
※ 音声入力や音声再生時に必要となります
  • ※仮想化環境(仮想デスクトップ、仮想アプリケーション)ではインストールや動作を保証いたしかねます







  • 販売代理店 :株式会社ジェイ エスキューブ(トッパンフォームズグループ)
    開発・販売元:株式会社アドバンスト・メディア

貴社の課題解決は
私たちにお任せください

貴社の課題解決は
私たちにお任せください