• 手書き文字も認識可能

  • 非定型帳票に対応

  • 機械学習で精度が向上

  • 業務効率化

AI-OCRソリューション概要

フォーマットが異なる帳票も手書き文字も
高い認識率でデジタル化。
人手不足解消と業務効率化を実現するAI-OCR

OCRは、Optical Character Reader(またはRecognition)の略で、画像データのテキスト部分を認識し、文字データに変換する光学文字認識機能のことです。紙文書をスキャナーで読み込み、書かれている文字を認識してデジタル化することができます。人が読み取って文字に変換する、いわゆるデータ入力は非常に効率が悪く、時間がかかります。この作業を人の代わりに行ってくれるのがOCR。そして、OCRにAI技術を加えたものがAI-OCRです。AI技術を組み合わせることにより、機械学習による文字認識率の向上や、帳票フォーマットの設計をせずに項目を抽出することができます。

AI-OCRイラスト

AI-OCRイラスト

文字の画像と認識させたい結果を、一つずつ人がルール化するのではなく、事前にトレーニングさせた手書き文字や帳票フォーマットの特徴点からAIが結果を出力します。これにより、不特定多数の人の手書き文字や非定型帳票でも高い認識率を実現しています。
また、ディープラーニングによりデータを処理しながらAIが学習することで、読み取り精度を継続的に向上させることができます。

AI-OCRソリューションは以下のソリューションから構成する
トータルサポートです

AI-OCRソリューション詳細

貴社はこのような課題を
抱えていませんか?

  • データ入力作業に手間と時間がかかってしまっている

  • OCRは活用しているが、手書き文字が認識できない

  • 取り扱う帳票のフォーマットが定まっておらず、人為的なミスが心配

その課題、
AI-OCRソリューション
解決します!

特長

1. 手書き文字認識率が高い

従来のOCRが活字を対象としていたのに対し、AI-OCRは手書き文字も認識が可能です。さらに、AIにディープラーニングさせることにより、一度文字を読み間違えたとしても、その間違えたデータをAIが学習することで、手書き文字認識率を向上させることができます。

  • ※ Cogent labs社「Tegaki」、京都電子計算社「AI手書き文字認識サービス」が対象です。

2. フォーマットが異なる非定型帳票に対応※

事前に帳票の読み取り位置や項目の詳細定義をする必要があった従来のOCRに対し、AI-OCRはAIが読み取り位置や項目を自動抽出することができます。それにより、スキャンするだけで文字を認識してくれる設計レスを実現しました。例えば、請求書など会社ごとに異なるさまざまなフォーマットの帳票であっても、スキャンするだけで項目を抽出できるため、業務にかかる時間を大幅短縮することが可能です。

  • ※ ABBYY「FlexiCapture」製品のみ対象となります。

3. RPAとの連携でさらに作業効率をアップ

AI-OCRはRPA(Robotic Process Automation)と連携することで、業務全体の効率をさらに向上させることができます。RPAとは、従来、人が行っていた業務をソフトウエアロボットにより代行・代替することを表す言葉。例えば、データの抽出やファイル作成、データの転記や受け渡しなどの業務をRPAが代行することが可能です。しかし、ファイルやデータの処理はできるものの、インプットデータの元となる紙媒体のデジタルデータ化機能が搭載されていないことが課題となっていました。 そこで、RPAとAI-OCRを連携させることで、パソコンを使った作業の自動化に加え、文字データを自動で読み取り、デジタルデータ化することが可能になりました。OCRと組み合わせることで、紙帳票からデータを抽出し、データ入力、集計・加工、出力といった一連の業務を自動化することができます。

ラインアップ

貴社の業務内容に応じて、さまざまなAI-OCR製品を取りそろえています。

AI-OCR、手書き帳票、AI手書き文字認識サービス、Tegaki Seishoオプション、活字非定型帳票、FlexiCapture、FlexiCapture for Invoices、FlexiCapture Cloud、FlexiCapture for Invoices Cloud

AI-OCR、手書き帳票、AI手書き文字認識サービス、Tegaki Seishoオプション、活字非定型帳票、FlexiCapture、FlexiCapture for Invoices、FlexiCapture Cloud、FlexiCapture for Invoices Cloud

帳票業務の効率化

トッパンフォームズでは帳票マネジメントとデジタル化を起点として、AIを活用した文字認識による入力処理の省力化と、RPA、BPMを活用した業務システムへのデータ連携の効率化で、貴社業務全体の効率化を推進します。

帳票業務の効率化説明図

帳票業務の効率化説明図

ワンストップ対応

幅広いサービス領域を持つトッパンフォームズなら、帳票に関わるさまざまな業務をワンストップで対応することが可能です。

ワンストップ対応説明図

ワンストップ対応説明図

関連ソリューション

貴社の課題解決は
私たちにお任せください

貴社の課題解決は
私たちにお任せください