戻る

閉じる

CXの取り組み

戻る

閉じる

ソリューション

CXの取り組み

戻る

閉じる

課題から探す

CXの取り組み

戻る

閉じる

職種・部門から探す

CXの取り組み

戻る

閉じる

製品・サービスから探す

CXの取り組み

戻る

閉じる

事例紹介

CXの取り組み

戻る

閉じる

課題から探す

CXの取り組み

戻る

閉じる

職種・部門から探す

CXの取り組み

戻る

閉じる

業務から探す

CXの取り組み

戻る

閉じる

製品・サービスから探す

CXの取り組み

戻る

閉じる

イベント・セミナー

CXの取り組み

戻る

閉じる

お知らせ

CXの取り組み

eKYCソリューション

オンラインでかんたん本人確認 「eKYCソリューション」

概要・特長

Liquidの「LIQUID eKYC」を活用し、高精度の画像処理技術を用いて、オンラインで本人確認が完了するサービスです。

2018年11月30日改正の犯罪収益移転防止法施行規則(6条1項1号ホ)のオンラインで本人確認を完結するeKYC(electronic Know Your Customer)に準拠し、スマートフォンのカメラで写真付き本人確認書類や顔を撮影するだけで本人確認が完了するものです。
トッパンフォームズのBPOサービスと連動することで、審査業務まで対応可能です。

LIQUID eKYCの特長

     特長1      AIによる学習
画像データ・本人確認結果データをAIで学習し、画像認識(顔認証)精度を向上させていく。
AI機械判定による事務処理自動化(効率化)、不正検知などに活用
 
     特長2      低い離脱率
ユーザビリティを高める複数の画像処理(AI)技術で、低い離脱率を実現。
●撮影開始~完了までの離脱率は「約5%」
 
     特長3      高い正確性
工夫されたUI/UXにより、適切な本人確認を実施。
●不鮮明な画像の割合「約1%」
●顔照合NG(赤判定)の割合「約2%」

LIQUID eKYC サービスイメージ図

サービスイメージ図

Liquidが得意とする画像処理技術を活かした真贋判定で培った高い精度により、オンラインで本人確認が完結する仕組みをクラウド(AWS)で低コストで提供しています。
LIQUID eKYCはWebブラウザー形式で提供されているため、スマホアプリのインストールが不要であることに加えて、撮影時のガイドや自動判定機能によってストレスなく簡単に撮影することができます。また、導入事業者さまはAPI連携のみでサービスを導入することが可能で、導入・メンテナンスに要する負担が少なく済むという利点があります。
※初期費用および月額のランニングコストのみで、高額な開発費用、保守費用や機器リプレース費用は不要

【お客さま】かんたん操作で低い離脱率

1 表面撮影
1 表面撮影

2 厚み撮影
2 厚み撮影

3 裏面撮影
3 裏面撮影

4 顔正面撮影
4 顔正面撮影

5 首振り撮影
5 首振り撮影

  • スマホのWebブラウザーでカメラ起動(スマホアプリのインストール不要)
  • 片手で操作できるUX
  • お客さまが迷わない操作性で低い離脱率を実現 ※撮影開始~完了までの離脱率「約5%」
  • お客さまは2分程度で撮影完了
  • 画像のクオリティチェック、真贋判定は撮影時にAIで自動化し、不適切な画像は再撮影を求める。
    これにより、適切な画像が取得可能なため、導入事業者様の無駄な事務処理削減に寄与

【導入事業者さま】顔認証による自動判定で事務効率化

顔認証による自動判定で事務効率化イメージ

  • チェックボックス形式の簡単事務で本人確認業務を効率化
  • 顔認証による自動判定、OCRオプションによる自動読み込み機能
  • 2分程度で事務処理完了(オペレーターによるお客さま一人分の事務処理時間)
  • 本人確認の未完了数・完了数を一覧表示(業務量の把握)
  • 事務処理結果などはデジタル保存、いつでも検索可能(監査対応、当局対応に活用)
  • オペレーターが判断に迷った項目はSV(スーパーバイザー)にエスカレーション確認

BPOサービスで審査業務にも対応

審査業務に関わる一連のバックオフィス業務全般に対応が可能です。
高い正確性を持つLIQUID eKYCで本人確認しBPO受託で整合性確認まで行います。

連携イメージ
連携イメージ

「eKYCソリューション」を導入する4つのメリット

リードタイム短縮イメージ

① 口座開設までのリードタイム短縮

  • 某銀行さまは10日程度かかっていた口座開設が最短翌日に短縮
  • 某証券会社さまは最短即日口座開設
  • その他、地方銀行さまの認証アプリ登録で利用されており、今後も利用拡大が予定されている
発送コスト削減イメージ

② 本人確認のための発送コスト削減

  • 本人確認を目的とした発送が不要(転送不要による発送レス)
  • 「本人限定受取郵便」から「簡易書留」などへの変更によるコスト削減
    (荷物を受け取りやすくなるため、返送コスト削減に寄与)
ペーパーレス化イメージ

③ ペーパーレス化、紙管理の煩わしさの解消

  • 本人確認書類、顔画像データは全てデジタル保存
  • 画像データや確認記録の検索性向上、データ分析による継続的業務改善
  • 紙による事務コスト、管理コスト、人件費などの削減
セキュリティ向上イメージ

④ セキュリティ向上

  • 「本人の容貌」撮影による抑止力
  • 「本人の容貌」偽造の難しさ
  • 人間の目を超える顔認証精度

※LIQUID eKYCは、株式会社Liquidの製品・サービスです。

関連ソリューション

お問い合わせ

CONTACT

ソリューションについてのご意見・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ