令わ元年新時代の熱中症対策

冷たいお中元をお届けいたします。

高機能保冷剤メカクール°対応 保冷ベスト

無料トライアルキャンペーン

先着100名様令和元年8月9日金)

近年のニッポンは暑すぎる!夏の暑さと戦う皆さまへ、トッパンフォームズの「熱中症対策商品」の良さを知っていただくために、このたび人気の「保冷ベスト」を無料でお試しいただけるトライアルキャンペーンをご用意しました。

高機能保冷剤メカクール®対応
保冷ベスト」は?

保冷ベスト

メカクールは、温度品質に厳格な医療品の輸送用に開発された高機能保冷剤です。ベストに応用することで、熱中症などの暑さ対策はもちろん、フィッシングやアウトドア、スポーツなど、いろいろなシーンで活躍します。
日本製

  • 気温40°Cで約4時間冷たさ持続!
  • 総重量約1kgの軽量設計!
  • 凍らせて何度も使えて経済的!
  • ※1 弊社調べ。室温40℃の部屋で保冷ベストの上に上着を羽織り検証。
  • ※2 専用保冷剤を4個使用の場合。
  • ※3 冷蔵庫の冷凍室で凍結させてください。但し、冷蔵庫の能力や入れ方により凍結時間が変わります。

炎天下の作業に強いミカタ!

保冷ベスト着用による脳機能の様子を動画でご覧ください。

脳機能実験効果実証済み!

保冷ベストで
集中力を持続!

高機能保冷剤「メカクール」に対応した保冷ベストに関する脳機能実験の結果、保冷ベスト着用時の方が未着用時に比べ、集中力を持続できることが実証されました。

図1. 脳の反応のイメージ
図2. 脳活動の比較

〈実験結果〉
●A群とB群で「集中」を比較した結果、A群は後半も強い反応を示し活性化(赤い表示=集中)しているのに対し、後半にメカクール保冷ベストを脱いだB群は反応が低く不活性の状態(青い表示=集中できていない)になっていることがわかります(図2)。
●一般的に集中、関心が強いと前頭葉の脳活動が活性化します。このことからメカクール保冷ベストをずっと着用していると集中が維持され、途中で着用をやめると維持できないといえます。

※国際医療福祉大学医学部教授の中川雅文医学博士の監修のもと、近赤外光イメージング装置(fNIRS)を用いて、高温高湿環境下におけるメカクール保冷ベスト着用時と未着用時の脳の反応(前頭葉)などを測定。
※実験環境を、暑さ指数(WBGT)*2値31~37℃(室温:35~39℃、相対湿度:55~75%)に設定した恒温室内で、被験者(9名)にメカクール保冷ベストを着用してもらいました。前半と後半に分け、簡単な計算をするなどの課題を行わせ、その反応を比較しました。

高機能保冷剤メカクール®対応

「保冷ベスト」

着100名様無料お試し!

お申し込み期限:令和元年8月9日金)

[ 応募条件 ]

お申込みフォームのお問い合わせ欄に下記をご入力ください。

  • DMに記載のキャンペーンコード
  • 保冷ベストの使用目的 (例:屋外での点検作業時に作業員が着用するためなど)
  • 導入時の想定使用数 (例:作業員約30名分など)
  • ※トライアルは1社につき、1着までです。トライアル後はそのまま進呈いたします。
  • ※商品のお届けをもってキャンペーン当選となります。
  • ※送付先のご確認などのために、お電話を差し上げることがございます。

DMに記載のキャンペーンコードをお持ちでない場合もお申し込みいただけます。

お申し込みフォームのお問い合わせ欄に「HOT」とご入力の上、お申し込みください。

※同業の企業さまのお申し込みは、お断りさせていただきます。

高機能保冷剤メカクール®対応

保冷ベスト」料お試し!