イベント概要

期間:2021年9月7日(火)
時間:14:00 - 14:45
場所:オンライン

概要

現在のコロナ禍の中、在宅勤務やシェアオフィスなど、オフィスの働く環境も大きく変化しています。​
この環境下で発生する可能性のあるさまざまな自然災害に対し、社員の命を守り、事業を継続することの実効性が担保できるのか、ご懸念をお持ちではありませんか?

本セミナーでは、数多くの企業のBCP対策・防災備蓄品を診断してきた防災士を招き、発災時における食料や​滞在時の備蓄品をご案内します。とくに衛生面の脆弱な部分を解説し、Withコロナ時代に沿った防災備蓄品についてご説明します。​

BCP発動時に従業員がそれぞれの役割を果たすために、現在のオフィスワークの状況に合わせた​防災備蓄品の選定およびその適正数量、水害対策に必要な商品についてもご説明します。​

本セミナーはWebセミナーとなり、Webexを使用して実施します。

※本セミナーは、9月15日開催のセミナーと同内容となります。

プログラム

Withコロナ時代における防災備蓄品の考え方

  1. 防災対策と事業継続計画
  2. 防災対策の見直し
  3. 感染症対策の必要性
  4. 感染症対策の物品
  5. 小売業・サービス業の事例紹介
  6. SDGsに沿った防災対策​

講師

  • プラス株式会社
    ジョインテックスカンパニー
    防災士 雫石 佳延

参加費用

無料 ※ご参加には事前の申し込みが必要です。

イベントコード

申し込みフォームのイベントコードに 「tf-biz」 とご入力ください。

  • ※ 同業他社の方のお申し込みなど、弊社の判断により参加をお断りする場合がございます。 あらかじめご了承ください。

~持続可能な社会構築を見据えた~ 感染症と自然災害への防災対策