実証実験で住民の利便性向上を実感

課題を解決したソリューション

解決ポイントと実感

  • 人口減少を見据えた横須賀市役所全体のDX推進への強い意志
  • “新しい取り組み”へのハードルが高い自治体組織でも抵抗の少ない手軽な導入
  • 住民サービスの利便性向上を実感でき、納得感を得られた実証実験を経て、本番導入を決断

住民異動の手続きをタブレット端末で可能にしたり、LINEを使ったワクチン接種の申し込みを導入したりするなど、全国でもDXを促進させている自治体として知られる横須賀市さま。共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」も、すでに1回目の実証実験を終え、正式導入に向けて準備が進んでいます。スマート自治体を目指す横須賀市役所といえど、本来、新システム導入などには大きな負荷がかかりますが、「AIRPOST」は独自のハードルの低さに加え、住民にとってのメリットを確信できたことがスムーズな進行につながっているようです。

この課題を解決した
ソリューション

トッパンフォームズからの
おすすめ

課題解決は
私たちにお任せください

課題解決は
私たちにお任せください